<   2006年 12月 ( 12 )   > この月の画像一覧
雪・・・そして門松
c0078659_22552041.jpg

                    お部屋からの雪景色です

今年も一年お世話になりました。お客様への感謝の気持ちをこめて。また、新年にかねよに来てくださるお客様を心よりお迎えする心をこめて、門松を手作りし、お待ちしています。

c0078659_2354449.jpg
c0078659_23111661.jpg

c0078659_2316128.jpg

残念ながら、完成は夜になりました。飾り付けの写真は新年のご挨拶にいたします。
来年もかねよをよろしくお願いいたします。従業員一同、お客様のご来店を心より、お待ち申し上げております。年始は1月3日から営業いたします。
[PR]
by kaneyo01 | 2006-12-31 23:24 | インフォメーション
銀杏Ⅱ


c0078659_22481491.jpg
   
       殻をとった銀杏を沸騰したお湯の中で、
          穴の開いた玉じゃくしで転がしますと・・・


c0078659_22531365.jpg








c0078659_2257865.jpg

                   薄皮を綺麗に剥くことができます。
c0078659_2384195.jpg


あっという間に翡翠色に変わります。眺めていると、翡翠の玉のように思えてくるほどの深い色あいです。
    
 
[PR]
by kaneyo01 | 2006-12-28 23:14 | インフォメーション
第二十話 師走
c0078659_207459.jpg

 今年も冬のイベント年末・年始恒例の御用納め&仕事始め!
鰻弁当配達大パニックの日がやってきおったわい!
なんせ ここ大津の地は県庁と市役所が隣接し両日に注文が殺到する為夏の土用丑に匹敵しるくらいの大混乱で店の者は正月もおちおち休んでられん状態なんじゃー
 今年も早々と受注を打ち止め 出遅れた各課の担当者にはすまんことじゃったわい
そんな忙しいさなか取引業者の年末の挨拶&TV局のロケといそがしさに拍車がかかっておるのぉー
TV局に限っては朝アポの昼撮影で信じられん強行ロケでそれでもデレクターさんの話じゃーアポ入れるのはまれなんだそうじゃー

取引業者と言えば今年取引するようになった業者さんで東○T○Cのロイ君じゃが 自分では「日本人で~す」と言っておるが・・・ 外人特有の野生の香りがプンプンするんじゃがのぉー
○井○友生命の吉○チャン 行くとこないのか三日一度来るよーじゃが 師走のかねよで契約は無理じゃ!

そーとは言え 今年もみんな世話になったのぉー
来年もブツブツ念仏唱えるけど宜しく頼むぞ!

みんな 良い年をじゃーー
[PR]
by kaneyo01 | 2006-12-27 20:43 | 鬼の念仏
錦鯉
c0078659_0243342.jpg

                遊び心で作った錦鯉のお寿司です。
          すし飯の上にお漬物で彩りを添えて、文甲いかで包みました。
        目は、海苔でできています。笹の葉で水の流れを表わしています。
                食べてしまうのは、もったいないくらい・・・。
[PR]
by kaneyo01 | 2006-12-25 00:24 | インフォメーション
第十九話 吃の又平 下の巻
c0078659_19543433.jpg


さて わしらの育ての親 岩佐又兵衛こと吃の又平を題材とした
近松門左衛門作「傾城反魂香」は、初演が1708年というから宝永5年のことじゃー
傾城とは読んで字のごとく城が傾くと言うじゃー 
城が傾くくらいに美人のおなごで・・・ まあーここでは太夫とか遊女の類の事じゃが
クレオパトラか楊貴妃と言ったところじゃろう
反魂香(はんごうこう)とは中国のお香で死者を蘇らせると言う香の事でこのお香を焚いてわしや(鬼の念仏)や仲間をこの世に蘇らせて悪者を退治すると言う話らしい

歌舞伎では1719年享保4年が初演で上・中・下からなる三段物の御家騒動物らしいのじゃが 現在、上演されているのは「吃又」と呼ばれている場面のもので 六代目菊五郎が芸術家の苦悩を演じた又平が現在に踏襲されているらしいんじゃが・・・ わしにはさっぱりわからんのぉー
あらすじはと言うと女房のおとくとの夫婦愛が奇跡を呼ぶというのが見所になっておって 言葉の不自由な夫に代わってよく喋って助け出世させると言う今ではありえない内容になっておるのじゃー  
歌舞伎の世界はよーわからん! ボロが出るからこのへんにしとくぞ!

それにしても 城が傾くくらいのベッピンさんにわしも入れ込んでみたいもんじゃのぉー
[PR]
by kaneyo01 | 2006-12-19 19:55 | 鬼の念仏
かねよアクセスマップ
                  京都方面からのアクセス

京都東インターのゲートを出て、一番左の「びわこ方面」へ進みます。一号線を大津方面むかいますが、交通標識は四日市・草津方面になっています。
一号線を進みます、名神高速と西大津バイパスの高架下をくぐると、直線道路が続きます。
陸橋と看板を過ぎます。
c0078659_2152478.jpg

        逢坂山の信号を左折したところがお店です。駐車場も完備しています。
c0078659_22582432.jpg

[PR]
by kaneyo01 | 2006-12-13 22:59 | かねよアクセスマップ
かねよアクセスマップ
                     大津方面からのアクセス

         国道一号線を京都方面に 向かい、逢坂山峠に入ります。
         目印としては、京阪電車の踏み切りを越え、名神高速道路の陸橋をくぐります。
c0078659_22324360.jpg

              かねよの看板(300m)を左に見て、少し走ります。
                            ↓ 拡大
c0078659_22334593.jpg

          頭上の東海道自然歩道橋の先に「かねよ」の大きな看板があります。
c0078659_22365184.jpg

             かねよの看板のある三叉路の信号を右に入ってください。
c0078659_22443593.jpg

          右に入りますと、すぐにお店があります。駐車場も完備しております。
[PR]
by kaneyo01 | 2006-12-12 22:50 | かねよアクセスマップ
続・うすき鍋 秘伝のポン酢編
       「うすき鍋」の最後の味の決め手、ポン酢は、かねよで代々手作りしています。
c0078659_2232153.jpg

          昆布等の材料を秘伝の調合で漬け込み、熟成を待って、こし取ります。
c0078659_22345254.jpg

              さっぱりとした爽やかさの中にも、奥深い味わいです。
c0078659_22434212.jpg


ここで、「美味しんぼ」風にうすき鍋の美味しさを表現してみます。



白菜など野菜の甘み旨さに、鰻の旨みとコクが広がり、それでいてくどくなく、あっさりとした味をポン酢の爽やかさがより一層引き立てます。
最後に、雑炊でしめれば、ダシの中にしみ出た旨みが、口の中にとろけます。
「鰻に、こんな食べ方があったのか。」のうすき鍋を是非一度、ご賞味ください。
[PR]
by kaneyo01 | 2006-12-09 22:55 | かねよのお料理
中山道歩こう会
c0078659_1519899.jpg


12月9日 中山道歩く会東京新宿発 総勢21名様(添乗員、講師、運転手)
ご来店いただきました。

NHKでも中山道を歩いている方が11月末日にゴールなされましたが
こちらも本日、最終日であいにくの雨模様になりましたが、皆様
元気に京、三条を目指して出発されました。
[PR]
by kaneyo01 | 2006-12-09 15:38 | 中山道歩こう会
歴史めぐり倶楽部様
c0078659_20143730.jpg


12月8日 千葉発 中山道歩こう会 歴史めぐり倶楽部様

総勢27名様 ご来店いただきました。
中山道六十九次を32回の行程で完歩されました。

この会の皆様は添乗員さんが若くてきれいな方でしたので活気があり
チームワーク抜群でお元気なのが特徴でした。

この一枚が良き旅の思い出となれば幸いです
本当にお疲れ様でした。 機会があればもう一度トライしてください。
[PR]
by kaneyo01 | 2006-12-08 20:26 | 中山道歩こう会