カテゴリ:インフォメーション( 127 )
鯉のあら煮と塩昆布
c0078659_17151343.jpg

うちの社長が丹精こめた「鯉のあら煮」と「塩昆布」です。
 
「鯉のあら煮」
3時間ほどかけてじっくり煮込んだ「鯉のあら」は、1人前作るのに3匹の鯉を使っています。ですから、あまり作れない日もあり、売り切れ御免です。
お酒、ビールのおつまみに私は最高だと思います。初めて食べるまで鯉のあらがこんなに美味しいとは知りませんでした。それと、添加物は一切使用してないので安心です。


「塩昆布」
だしをとった昆布(2番昆布)3分の2と、1番昆布3分の1に山菜とじゃこを混ぜ、しょうゆ、酒を追い足しながら10時間かけて煮込んだ昆布です。おかず昆布風に仕上げたマイルドな塩昆布は、鰻丼に合うようにあっさりとしたお味です。(添加物は一切使用いたしておりません。要冷蔵で1カ月以上持ちます。)

☆「鯉のあら」と「塩昆布」はお土産用として本店・レストランの両店舗でお取り扱いしてます。
   是非、一度ご賞味下さい。
    
[PR]
by kaneyo01 | 2006-09-07 18:00 | インフォメーション
半助豆腐
c0078659_1758835.jpg

※半助は焼き上がった鰻の切り落とした頭のことです
※だしはお豆腐が浸るくらいが良いでしょう
●材料1人分                    ●作り方
 ・半助(鰻の頭2~3匹分)       ①ごぼうはささがきにする
 ・焼豆腐1丁              ②だし汁に半助を入れ沸騰したらアクをとる
 ・ごぼう 適量             ③弱火にして調味料を加え焼豆腐、ごぼうをいれる
 ・三つ葉 適量              ④7~8分煮込んだ後、火を止め三つ葉を散らす                  
 ・だし汁 ひたひた
(調味料)
 濃い口しょうゆ適量
 みりん     適量
 酒        少々     半助のダシがお豆腐とごぼうに浸み込み、深い味わいになります
 砂糖       少々 
[PR]
by kaneyo01 | 2006-09-03 17:58 | インフォメーション
鰻供養
c0078659_12424127.jpg

かねよ」では、毎年8月末日には、鰻・鯉供養を行っております。
本日も、善福寺のご住職によるお経により、この一年間の、鰻・鯉への感謝と慰霊の法要を従業員一同、心をこめて営みました。
ご住職の 「人間は多くの命を食することにより、生かされています。その命に対して感謝の気持ちを忘れてはなりません。」との説法をいただきました

[PR]
by kaneyo01 | 2006-08-28 17:53 | インフォメーション
続・半助
<レストラン入口>

半助はレストラン(2F)入り口にてご自由にお持ち帰りいただけます

(数に限りがございますので、なくなり次第ご了承くださいませ)
c0078659_1614176.jpg
c0078659_1645187.jpg

[PR]
by kaneyo01 | 2006-08-24 18:46 | インフォメーション
さねかずら
c0078659_1805779.jpg

名にし負(お)はば 逢坂山の さねかずら 人に知られて くるよしもかな
 百人一首でなじみの 三条右大臣の句に詠まれたさねかずらの花が今年も咲きました
逢坂山一帯ではもうここでしか見られなくなった貴重な葛(かずら)です。
都より少し離れた逢坂山で人知れず逢いましょうとはなんとも艶っぽい句ですね。

 c0078659_1813694.jpg





8月に花を付け11月頃に赤い実を付ける
[PR]
by kaneyo01 | 2006-08-23 18:55 | インフォメーション
暑中お見舞い申し上げます
c0078659_17121051.jpg
日頃は格別のお引き立てをいただき誠にありがとうございます
お盆は休まず営業いたしております。
皆様のお越しをお待ちしております。
[PR]
by kaneyo01 | 2006-08-09 17:07 | インフォメーション
駐車場を増設しました。
大型バスが駐車できるように、駐車場を増設いたしましたので
是非、団体様もお越し下さい。
c0078659_17285334.jpg

             <駐車場全景-1>


c0078659_17311992.jpg

                               <駐車場全景-2>
[PR]
by kaneyo01 | 2006-07-14 17:32 | インフォメーション